V A N T I Q の 特 徴・機 能

VANTIQ 4つの特徴

大量データをリアルタイム分析 

VANTIQで開発したアプリケーションでは、IoTデータをはじめとした大量データ(イベント)をリアルタイムで分析することができます。
分析結果を単に表示するだけではなく、状況に応じたアクションを実行。適切な人に、適切な情報を、適切なタイミングで提供する「マン・マシン・コラボレーション(人とマシンの連携)」により、人的リソースを最大限に活用することができます。

手軽でスピーディーに開発できるプラットフォーム

イベント・ドリブン型アプリケーションの開発に必要な機能を包括した単一プラットフォーム。クラウドベースのビジュアルツールも内包しており、ブラウザ上で開発・設定を完結させることができます。開発したアプリケーションは、クラウド・オンプレ・エッジノード、モバイル端末などに展開できます。

 スマートデバイス向けアプリケーションを
標準提供

分析結果を元に、必要なアクションをスマートフォンへ送信。状況変化や重要度に応じた高度なコミュニケーションを実現します。

エッジ・分散データをスマートに処理

VANTIQはデータの収集、コラボレーションを行うための状況解釈をエッジノードで処理することが可能。独自のノンブロッキング技術・エッジコンピューティング技術により、倉庫・店舗、海外拠点等の分散データを単一のプラットフォームでスマートに処理することができます。

VANTIQが実現するさまざまなコラボレーション

位置情報のトラッキング
場所のナビゲーション
状況に応じた情報提供
マニュアルの送信
時間経過に応じた
自動エスカレーション
担当者間の対話
作業指示に対する報告の送信

お気軽にお問い合わせください

「イベント・ドリブン型アプリケーションってどんなもの?」という疑問をお持ちの方でも、担当スタッフが分かりやすくご説明いたします。詳しい話を聞いてみたい、まずは資料を送ってほしいなど、どんなことでもお気軽にお問合せください。