V A N T I Q 活 用 シーン

VANTIQによるデータ活用

  • 製造業 >> 異常情報へのスピーディーな対応

BEFORE

従来のMES(製造実行システム)では、計画に沿った実行を行い異常や予知情報を表示することは可能だが、作業員に対するリアルタイムでの指示や最適化の分析を行うことができなかった。

AFTER

従来のMESに対する拡張としてVANTIQを導入することにより、異常情報・異常予知情報に対するリアルタイムでの作業員への指示、適切な担当者へのエスカレーションが可能となった。
さらに、繰り返し行われている業務や計画との差異等を分析し、製造実行の最適化を実現。

  • 小売業 >> 偽物対策(ブランド保護)

BEFORE

海外工場、輸出入、国内倉庫、店舗等さまざまなシーンで商品のシリアルコードをスキャンしているが、偽物の商品が流通したことをリアルタイムで検知できず改善を要していた。

AFTER

既存システムとVANTIQを連携させることで、スキャンしたシリアルコードから偽物の流通状況をリアルタイムで検知。その場ですぐに対策を指示できるようになった。

  • 鉄道業 >> リアルタイムでの混雑対応や安全措置

BEFORE

従来の鉄道会社のシステムは、運行管理・駅の安全管理・路線管理システム等が個別に構築され、有機的な連携が行われていなかった。

AFTER

従来のシステムをVANTIQで接続することにより、混雑状況に応じた係員への指示や、安全措置・異常のエスカレーション等をリアルタイムで実現。

  • インフラ業 >> スピーディーな故障対応

BEFORE

機器異常が発生した場合、担当エンジニアのアサインや対応状況の確認に時間を要し迅速に対応することが困難であった。

AFTER

機器の故障を検知すると、周囲数kmに居るエンジニアのスマートフォンへ一斉通知。エンジニアは対応可否をスマートフォンから回答することで、スピーディーな故障対応を実現。状況に応じたマニュアルの送信作業指示に対する報告などのコラボレーションにより、対応時間の短縮を可能とした。

  • 航空業 >> 空港業務やフライト管理業務の最適化

BEFORE

機体や乗客、気象、貨物、セキュリティなどさまざまなデータが存在しているが、それらを連携し活用することができていなかった。

AFTER

IoTセンサーや既存システム、モバイル端末など複数のソースからさまざまな情報をリアルタイムに収集・処理することにより、運行ルートやフライトスケジュールの調整、乗客や貨物対応などを最適なタイミングでスピーディーに行うことが可能となった。

通信機器メーカー

機器や担当者の位置、異常レベルなどを
考慮したフィールドサービスの価値向上

スマートシティ実証実験

混雑状況などに応じた交通機関の運行管理
センサーを用いた空調や照明のコントロール

金融(銀行)

顧客の資産、マーケット情報、ニュース
配信等のイベント情報を元にしたリコメンド

お気軽にお問い合わせください

「イベント・ドリブン型アプリケーションってどんなもの?」という疑問をお持ちの方でも、担当スタッフが分かりやすくご説明いたします。詳しい話を聞いてみたい、まずは資料を送ってほしいなど、どんなことでもお気軽にお問合せください。